2007年05月19日

「セカンドライフ」 に 世界初の 「大使館」 開設!

どんどん発展していく仮想世界ゲーム「セカンドライフ」。
ついに『大使館』まで、出来ちゃいました!
こうなってくると、もはや「セカンドワールド」ですな。

 スウェーデンからの報道によると、同国政府が運営する文化交流機関「スウェーデン協会」は5月18日、インターネット上の仮想世界ゲーム「セカンドライフ」に「大使館」を今月30日に開設すると発表した。

 欧米を中心に急成長する同ゲームで、仮想大使館が開かれるのは世界初。

 「大使館」では、パスポートやビザ(査証)を取得する方法や、同国政府の公式サイトを通じ、同国に関する情報などを提供する。

 開設式典には、ビルト外相らが「出席」するという。

 「セカンドライフ」は、米カリフォルニア州のネット企業リンデン・ラボ社が2003年に開設。
 利用者の分身「アバター」が仮想の街を歩き、会話や買い物などを行うことが可能で、利用者は現在、世界で約650万人に上ると見られる。


そのうちサミットなんかも、「セカンドライフ」内で開催されるようになるのかもな。
仮想世界のおかげで、現実世界もスムーズに流れるようになったら、理想的なんだろうけど、そこまで期待するのは、まだまだ早過ぎますかね (苦笑)

〔引用:2007年5月19日読売新聞http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070519-00000205-yom-int
posted by omitoran at 13:23| ゲーム | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。