2007年05月06日

早くも記録更新  “仰天” ウエディングドレス

ほーらね、やっぱり挑戦者が現れちゃいましたよ。
しかも今回、一気に「世界記録」まで塗り替えてしまいました。
はてさて、どこまで伸びるやら、この競争。

 2007年5月5日、上海市の四川北路でウェディングドレス販売店のイベントが行われ、裾の長さが100mというゴージャスなウェディングドレスが登場し、人々の注目を集めていた。

 中国では近年ウェディングドレスがどんどんゴージャスになっている。
 裾の長さを競うのが1つのトレンドらしく、先月末には吉林省長春市で裾の長さ62mのドレスが登場したばかり。

 中国最長、そしておそらく世界最長といわれていたのが2006年に新疆ウイグル自治区ウルムチ市で行われた結婚式の衣装で長さは99mだったが、今回の上海のウェディングドレスに記録を破られたことになる。

 中国では近年どんどん結婚式が派手になっていく傾向にある。
 好調な経済のもと国民所得が順調に伸びていること、一人っ子政策のため親は1回しか結婚費用を負担する必要がないことが原因として挙げられている。


だからさー、ドレスを世界一ゴージャスにしたからって、世界一シアワセな夫婦になれるとは限らないんだからさ、落ち着こうよ、関係者のみなさん。
まぁ、部外者が何言っても、耳に入る状況じゃ無さそうだけどね (笑)

いずれ、このドレスを実際に着る花嫁さんが、当然現れるんだろうなぁ。
そうなると、結婚式場のほうも、だんだん巨大化せざるを得ない事態になっていくんじゃないの?
やれやれ、あっちもこっちも大変だねぇ。

〔引用=2007年5月6日Record China http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000013-rcdc-cn
posted by omitoran at 17:27| 海外 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。