2007年04月30日

仰天!すごいウェディングドレス

根本的に「ウェディングドレス」って、他人と競うものでは無いと思うんですがねぇ。
祝い事がだんだん派手になっていくのは、中国も同じようですな。

 2007年4月29日、中国吉林省長春市で街を歩く、ウェディングドレスを着た女性に注目が集まった。
 街でウェディングドレスを着ているだけでも十分に目立つが、彼女のウェディングドレスは普通のものではない。
 裾が驚くほど長く、なんと長さ62mもある。
 長い裾を汚さないよう、24人の人間が後ろに行列のように並び、裾を持ち上げていた。

 この行列は市内のウェディングドレス販売店が広告のために行ったもの。
 道行く人々の注目を集め、広告は大成功だったと言える。

 ただし62mもの大行列は行く先々でちょっとした渋滞を引き起こしていた。

 中国では近年ウェディングドレスがどんどんゴージャスになっており、長春市のドレスのように裾の長さを競うものも多い。

 裾62mのドレスも十分に長いが、中国最長、そしておそらく世界最長といわれているのが2006年に新疆ウイグル自治区ウルムチ市で行われた結婚式の衣装。
 長さはなんと99m。裾を持つために50人が動員されたという。


裾持ちに動員された皆さんも、いい迷惑だよなー。
そのうち500メートルだの1キロだのってのが、出ますね、きっと。

ノリノリの「花嫁」の写真は、こちら↓
〔写真引用:Record China http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070430-00000002-rcdc-cn.view-000

〔引用:2007年4月30日Record China http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070430-00000002-rcdc-cn
posted by omitoran at 09:32| 海外 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。