2007年03月21日

冥王星の新名称 日本では「準惑星」に

「惑星」から外れてしまった冥王星。
アメリカでは去年、さっそく流行語にもなったほどなのに、日本の対応は、いつもながら遅いなぁ。

 日本学術会議の検討小委員会(海部宣男委員長)は21日、冥王星の分類名を「準惑星」とするなど、国際天文学連合(IAU)の太陽系天体の新定義に対応する和名を提言としてまとめた。
 昨年8月のIAU総会で冥王星が惑星から除外されたことを受けたもの。

 また、冥王星を含む海王星以遠にある小天体群(エッジワース・カイパーベルト)を「太陽系外縁天体」と呼ぶことも推奨する。
 これらの提言は、4月の同会議幹事会で正式決定する。

 IAU総会では、冥王星が惑星から格下げされた上、一時は「第10惑星」候補とされたエリスや、火星と木星の間にあるセレス(ケレス)とともに、「ドワーフ・プラネット(Dwarf Planet)」に分類された。
   検討小委員会は、当面はこの概念を積極的に使用することを勧めないと結論づけた。

 ただ、一般向けの天文教育施設関係者などを中心に和名を求める声が強く、「準惑星」との表記に決めた。
 この日の会合では「準惑星」「矮(わい)惑星」「亜惑星」の3つの候補を議論。
 暫定的に使われていた直訳の矮惑星は「語感がよくない」などとされる一方、「日本語名は不要」との意見も出てまとまらず、多数決となった。

 その他の分類名では、
   ▽海王星より外側に位置する天体を「太陽系外縁天体」
   ▽小惑星、彗星(すいせい)などを「太陽系小天体」
   ▽太陽系外縁天体で直径が大きいものを「冥王星型天体」
 と呼ぶことを決めた。

 次回の小委員会で、新定義による太陽系像を分かりやすくまとめた資料を生徒向け、教員向けにそれぞれ作成し、学校現場に配布する予定。


まぁ無難なトコかな、「準惑星」で。
発音しやすいし、表記もラクだし。
しかし英語の「ドワーフ・プラネット」ってのも、スゴイ表現だよなぁ。

〔引用:http://news.livedoor.com/trackback/3085355
〔引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070321-00000086-jij-soci
〔引用:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/44271/
posted by omitoran at 20:24| 国内 (まじめな話題) | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。